食生活を見直してみませんか?勘違いや都合のいい思い込みの食習慣が太る理由 Part1

食生活を見直してみませんか?勘違いや都合のいい思い込みの食習慣が太る理由 Part1

無理な食生活をしていませんか?

ご飯の量を減らせばいいんでしょ?カロリー制限すれば痩せるし、と言いながらいつもうまくいかないダイエット。それは違ったやり方なのかもしれません。一度食生活を考えてみるチャンスかもしれませんね!

食事の記録が大ざっぱ

体重と体脂肪を落とすには、摂取カロリーと食事量を抑える必要があります。誰でもわかることですが、減量に失敗するタイプは食生活に関して大ざっぱ過ぎるところがあります。普通に食事をしていて、食品のカロリーを気にしていない事や、食事量を減らしたと言って一口減らしただけなど。食事を記録するだけで痩せるダイエットというのもテレビで紹介されていましたが、間食やお酒を記述しない人も少なくはありません。それでは食事の記録をしても意味がありませんので、大ざっぱに記述するのではなくアメ玉一つでも食べた事を書くぐらい細かくし、食生活を振り返るようにしましょう。

野菜を食べればいいだけではない

日本人の野菜摂取量は1日平均290g程。厚生労働省が薦めているのは1日350gなので大きく下回っています。太っている人は揚げ物やラーメンなどガッツリ食べる反面、野菜の摂取量は平均より少ない傾向にあります。野菜は積極的に食べたいところですが、野菜を食べれば痩せるわけではありません。おやつを食べたけど野菜サラダ食べたとか、ラーメンに野菜がいっぱい入っていたから。と野菜を摂取したから大丈夫という考えの方もいらしゃいます。しかし、太りやすい食習慣が変えられなかったのに、野菜を食べたところで痩せれるはずもありません。野菜を食べたというだけではなく、野菜で栄養バランスを整えつつ、脂質と糖質を減らしてカロリーもダウンさせるように心がけましょう。

理想を追求しすぎて挫折する

まともに運動していないのに、痩せたいなら走れと言っても実現できるわけがありません。同じように、ファーストフードや丼物など高カロリーで3食済ませていた人に、野菜中心の低カロリー食に変えろと言っても無理に決まっています。白でなければ黒にするような独裁政治のような思考で理想を追求すると、ハードルを上げ過ぎることになり結果、挫折して元の生活に戻りやすい。そして、好きな物を食べれなかった反動でもっと食べてしまうようなことになってしまいます。目標を立てることは必要ですが、目標の達成までには段階があります。3食のうち1食を低カロリーにするなど、すぐに結果を出したくなりますが一気に頑張らず少しずつ理想に近づけるように努力してみましょう。

ゼロ食品は甘味がほしくなる

CMなどでよくある、糖質ゼロなどのゼロ食品。低カロリーで甘いゼロ系の飲料や食品が増えてきました。しかし、甘い物好きでダイエットに成功しなかった人がゼロ系食品に頼り過ぎると一向に痩せることはできません。甘いゼロ食品をやめられないのは、甘味への欲求を断ち切れないことが考えられます。甘味への欲求が残っていると、いずれゼロ食品ではないスイーツなどに戻ってしまいリバウンドをする恐れもあります。ゼロ食品はサポート食品と考えるようにして、ずっと頼ろうとしないで、体重が落ちてきたら甘味を断ち切り、ゼロ食品からも断ち切れるように頑張りましょう。

安いから大盛りを食べる

大盛り無料、ご飯無料、おかわり自由など、なかなか痩せれない人はそういうお店を選んでしまいます。食べ過ぎはいけないと頭でわかっていても、大盛りや無料という言葉にひかれてしまう。サービスはごはんや麺といった糖質ですが、糖質を一度にたくさん摂取すると血糖値が上がり過ぎ、血糖値を下げろとインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンは体脂肪の合成を促す肥満ホルモンですので当然太りやすくなってしまいます。ダイエット中はお店の基準を変え、丼鉢でガッツリ食べるようなお店ではなく普通のお茶碗で食べるお店を探してみましょう。

糖質制限やミニ断食をやりたがる

食事のカロリーを抑える際は、栄養バランスを変えずのそのまま量を減らすことが鉄則。
しかし、主食、主菜、副菜、偏りなく減らして適量を守る方法が面倒に感じて、主食を抜く糖質制限。油脂を食べないアブラ断ち。週末だけするプチ断食。というった極端なダイエットに走りやすくなります。特に男性は厳しい食事制限で一気に痩せようとしますが、一時的なもので心が折れてしまい、中断しリバウンドしてしまいます。長く続けられて効果的なのは、やるぞ!という意気込んでやるのではなく、努力せずに平常心で取り込むようにしましょう。朝ごはんからご飯を小盛りにして、ハンバーグもいつもより100g減らすなど軽い気持ちから始めてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする