なんでそんなに食べてないのに太るの? 早食い、大食いタイプ

なんでそんなに食べてないのに太るの? 早食い、大食いタイプ

夕食が9時以降になることが多い

食事を抜くことが多い、外食する時は大体同じ店に行く、仕事が忙しい、お腹いっぱい食べないと満足できないなど、社畜の現代人はこのタイプになりやすい傾向にあります。仕事が終わってお腹が減って家に帰ると、母親や嫁さんが作った大量の料理がテーブルに置かれ、食べているとお代わりが追加されたりして自分がどれだけの量を食べているのかわからなくなる。忙しい仕事のお昼ご飯は、できるだけパパッと食べれる、丼物かラーメンやカレーなどで5分くらいで完食してしまう。過剰な量をすぐに食べてしまうこの、早食い、大食いタイプでは、満腹感を得る前に食事が完了してしまうので、食後は満腹を超えた状態。残業で仕事に追われ夕食が遅くなることも多くそこで早食いと大食いをしてしまうと太るのは当然と言えます。母親や嫁さんも疲れているだろうと思ってたくさん作ってあげたい気持ちはわかりますが逆効果になっています。健康のためと考えるのであれば、少しの量で数を増やして時間をかけて食べてもらうようにしましょう。

丼や大皿料理ではなく皿数を増やす

残業で遅くなった仕事帰りの午後10時に牛丼屋さん入った時、一気に食べれる丼物は頼まず、牛皿にご飯、卵はサイドメニューで出来るだけ皿数を増やすようにして、箸をあちこち伸ばせるようにしましょう。食事の時間を少しでも延ばすというのが目的です。お金がかかってしまうかもしれませんが、少しでも痩せて健康になることを考えるのであれば数を増やしましょう。自宅で食事する時も、おかずは大皿で料理を出すのではなく一人前ように分けて食べるようにして、どれだけ食べたかというのを把握しやすいようにしましょう。

箸置きを活用する

おにぎりやハンバーガーといった手で持って食べる物は完食まで1分とかからない時もあります。さらに、一度にいっぱいすくえるスプーンを使うとこれも完食まで時間がかかりません。なるべく箸で食べるメニューを選ぶようにして、あまり使う事もない箸置きを使って何分かに一度、手から箸を話すという動作を入れてみましょう。1食に最低15分はかけて食べるようにしてみましょう。

写メを撮って食事の記録

ツイッターやインスタグラムに載せるためではないですが、仕事に忙しい方は、早食いの大食いになりやすくなります。自分が何をどれくらい食べているかなんて気にしたことは無いと思います。まずは、客観的にその量を把握することから始めてみましょう。今まで時間に追われている人がそんなこと面倒かと思いますが、スマホで写真を撮って食事内容を記録して一週間に一度は見直してみましょう。意外といっぱい食べているという事に気が付くと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする