1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

グラヴィティヨガとは

日本で生まれた優しいヨガです。胸を大きく開き、深く呼吸をする感覚を体感できます。芸能人の方が産後のダイエットで始め、1日3分寝そべる事を、3ヶ月続けただけで-14kgも痩せたとテレビで紹介され話題になりました。他のヨガとは違い、無理矢理、体を伸ばしたり開こうとするのではなく、地球の引力に身を任せます。呼吸を深めるポーズを中心としたグラヴィティヨガは、ゆっくりと時間をかけ酸素をより多く取り込み生命エネルギーを回復させます。ヨガスタジオをはじめフィットネスクラブ、治療院などを中心に、無理せず行え心地よい感覚と効果で全国へ広がっています。

グラヴィティヨガのポーズ

アングルドボルスターという、クッションのようなものを使います。グラヴィティヨガの動きの補助に適した弾力を持つ特殊ウレタン素材の補助具です。ただ、お値段が高いということもあり、タオルを畳んで代用することもできるみたいです。

アングルドボルスターの作り方

  1. 大きめのタオルを3、4枚用意して、その中で一番大きなタオルを2つ折りにします。
  2. 他のタオルは3つ折りにしておきます。
  3. 大きなタオルの上に、端を15cm程度ずらしながら、タオルを重ねて丸めます。
  4. タオルがマルタ状になったら、ひもなどで固定して完成です。15cmずらすことにより傾斜ができます。

チャイルドのポーズ

ヨガの流れの中で休憩のポーズとしたり、ポーズ後のリラックスに行われます。

チャイルドのポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. 正座をして膝を肩幅ほど開いて、両手の膝の横に置きます。
  2. 息を吐きながら上半身を前に倒していきます。
  3. 顔をボルスターに置き抱え込みます。

イルカの板のポーズ

バランスをとるため腹筋や背中や腰回りを使います。中心部がわかるようになり体幹を鍛えられます。

イルカの板のポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. ボルスターを横向きにして上に、お腹を乗せます。
  2. 左右の腕を曲げ肘を床に付けます。
  3. 膝を床に付けないように、足を後ろに伸ばしつま先を立てて静止します。

三日月のポーズ

股関節を前後に大きく開き、骨盤まわりに働きかけ血行が促進します。

三日月のポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. 右脚を立膝にする。
  2. 左足を後ろに引き、ボルスターを下に引きます。
  3. 両手を右膝に乗せ静止します。
  4. この動作を左右行います。

寝た合蹠のポーズ

骨盤まわりの硬くなった筋肉がほぐれ、スペースが広がり血行が促進されます。冷え性の改善にも効果的があります。

寝た合蹠のポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. ボルスターの上に仰向けに寝転びます。
  2. 左右の足の裏を合わせ、膝をゆっくりと床の方へ下ろしていきます。
  3. 両手の力を抜き、左右に下し胸を開きます。

伸びをする子犬のポーズ

背中と腰を伸ばし、気持ちよく腰痛を緩和します。

伸びをする子犬のポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. 四つんばいになります。
  2. ボルスターに両腕を乗せ、両腕を前に伸ばしていきます。
  3. ボルスターに額を当てます。
  4. お尻を上げ、腰はなだらかにカーブさせます。

足を組んでねじるポーズ

背中や腰の張りや疲れを取り、背筋が活性化し、消化器系や内蔵の調整になります。

足を組んでねじるポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. ボルスターの端で両膝を立てて座ります。
  2. 左足を倒し、かかとを右側のお尻へ寄せます。
  3. 右足を左膝の方へ置き、足裏をしっかり床へ付けます。
  4. 左肘を右膝へ乗せ、上へ真っ直ぐ伸ばします。
  5. 右手を後ろへ回してボルスターに手を着き、胸を開くように右側へ体をねじります。
  6. この動作を左右行います。

片脚を伸ばした眠る鳩のポーズ

足のむくみと疲れをとり、腰痛を緩和し骨盤の調整にもなります。

片脚を伸ばした眠る鳩のポーズ1日3分寝そべるだけで、3ヶ月後には-14kg痩せているという話題のグラヴィティヨガ

  1. ボルスターの前に座り、左足を前に出します。
  2. ボルスターを左足の足首の上に置きます。
  3. 両手を付いて前のめりになり、ボルスターの上にお腹を乗せます。
  4. 背筋を伸ばしながら、右足を後ろへ伸ばします。
  5. チャイルドのポーズのようにボルスターを抱え込み全身を伸ばします。
  6. この動作を左右行います。

まとめ

ボルスターを使うことにより、通常では難しいヨガのポーズも簡単に行うことが出来ます。リラックス効果も高いので、全身が脱力している状態で緊張した筋肉が緩やかになります。ボルスターに身を任せますので、呼吸法に集中してをポージングで、血流も良くなりますので老若男女オススメのヨガです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする