毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

健康には歩くのが一番

メタボが健康を口にするんじゃないと言われそうですが、やっぱり、歩いたりランニングしたりした方が健康にもダイエットにも一番いいみたいです。しかし、理想的な1日の歩数は「1万歩」と言われています。正直なところ、1万歩というのは、パソコン仕事している人には難しいですよね。また、実際1日何歩、歩いたなんてことは気にしたことはないし、どれぐらいが1万歩というのはわからないですよね。

そんなわけで、簡単に使える歩数計を探してみました。これは、歩数・歩いた距離・時間・消費カロリーを自動で計算してくれるんですよ。

設定してみよう

毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

まずは、身体情報の入力です。「身長」「体重」を入力します。

モーションアクティビティー

毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

歩数計センサーの値を取得するためにアクティビティへのアクセスを許可してください。

モーションアクティビティーというのは、iPhoneに内臓されているM7/M8/M9コプロセッサ(動きに関するデータ処理)で、これを使って動いたと感知して歩数をカウントしています。なので、搭載されているiPhone5s以降の機種であれば対応可能となります。最近の技術はすごいですね。

通知をONにして下さい

毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

この通知についてですが、先程のモーションアクティビティーに関係していて、iOSはモーションアクティビティーのデータを1週間分しか保存していません。そのため、1週間に1度はこのアプリを起動してiOSからデータを抜き取っておく必要があるからなのです。常にこのアプリを起動する方ならいいのですが、たまにしかチェックしないという人に気付いてもらうために、通知をONにした方がいいということですね。

異常で登録完了です。簡単ですね!

測定結果を見てみよう

毎日歩くのが楽しくなる 簡単で見やすい歩数計アプリ Maipo

(画像:左)最初はiOSに1週間分のデータが残っているのでそれが入ってくると思います。最初の設定のところで目標を3,000歩に設定しているので、歩数の上に目標の歩数まであと何%と表示され、何キロ歩いたとか、何キロカロリー歩いたとか、何分歩いたまで出るんです。何時に何歩歩いたとかグラフにもなるし、特になにもしてないのにこれだけの記録がでてくるとかすごいですよね。

(画像:中)しかも、自己ベストがランキングで表示されます。これって結構やる気が起きますね。前のベストよりさらに上に行こうって思っちゃいます。

(画像:右)カレンダーでも一覧にして見ることができます。いつどれだけ歩いたかって言うのが一目でわかるのは見やすくてとてもいいでよね。

まとめ

しかし、目標を3,000にしましたがもっと歩いてるかと思ったら全然でしたね。仕事の電車通勤で朝と夜に歩くしかないですけど・・・。しかも、日曜日とか歩かな過ぎて終わってますね。休み中はスマホを置いているからですかね。と言い訳をしてみました。

有料もありますが、広告が消えるだけの違いですので無料でこれだけ使えたら十分ではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする