時間帯で効果が違う!朝ヨガ、夜ヨガ

時間帯で効果が違う!朝ヨガ、夜ヨガ

ヨガの時間帯効果について

今の日本人は仕事や家事で忙しく時間をとることが難しいと思います。時間があれば寝たい・・・僕はそんな人です。でもその少ない時間で効果を高めるんだったら、ヨガはいつ行えばいいでしょうか?やはり、一番いいのは朝起きてすぐです。しかし、夜にも効果があります。朝は動くために活性化させるため、昼は脂肪燃焼アップ、夜は体を休ませるリラックス効果のために行います。ヨガをして日々の正しい生活リズムを、徐々に身に着けるようにしていきましょう。

朝ヨガ

朝日を浴びて、太陽のエネルギーを存分に受けることができます。朝から起きて動きづらいと思いますが、まず外に出てみましょう。新鮮な空気と、太陽の光を浴びて深く深呼吸することで、体全体が澄み渡って行くのが感じられます。朝ヨガは、眠っている形から起きるスタイルへと変える儀式です。少しずつ体をほぐし呼吸を、体へ酸素を送り込みます。深い呼吸で細胞が目覚め活性化していきます。また、ダイエットしたい人は朝起きてヨガをすると一気に代謝が上がり効果がありますのでオススメいたします。

昼ヨガ

お昼にしか時間をとれないという人でも大丈夫!ハワイなどではお昼にするようです。気候でがいいと外でやると気持ちいいかもしれませんね。ただし、ご飯を食べてから少し時間を空けましょう。昼は体内が活発的な時間帯ですので、血糖値を安定させて脂肪の蓄積を抑える役割をしています。成長ホルモンの分泌も促し、燃焼効果もアップします。

夜ヨガ

月の光の中、神秘を感じながら瞑想する時間になります。月はヨガ通ずるところがあります。一日の疲れをほぐしリラックス効果があります。朝ヨガのように体を動かすと目がさえるように思われますが、血行が促進され体が温かくなり眠りやすくなります。ストレスなど疲れが溜っている時は、満月の下で夜風に吹かれながらヨガをしてみてはいかがでしょうか?昼と違って静かですし、非常にリラックスが出来て効果の高いヨガをすることができます。

まとめ

少しずつでもいいので体を動かす時間を作るようにしましょう。ヨガをする時は、食後を避けるようにしましょうね。もし食事した後はしばらく時間を空けるようにしましょう。また入浴後は血管が膨張していますので、血行に急激な変化を与えてしまい体調が悪くなることがあります。生活リズムを整えるために同じ時間帯に行うように頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする