質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

目覚めの悪い睡眠

朝は気持ちよく起きたいもんですよね。しかも会社に行かないと、と思うとテンションも上がらない。目覚ましでドキッとして起きて心臓も、気分も悪い。朝から最悪です。

せめて睡眠の時くらいはグッスリ寝れて、スッキリ起きたい!実はそんな夢のようなアプリがあります。「Sleep Meister (スリープマイスター) 」睡眠のサイクルを計算してアラームを鳴らすというアプリです。しかも、無料版・有料版の違いは広告の有無くらいなので無料でも全機能が使用できてしまうという太っ腹なアプリです。

3タイプの使用方法がありますので、さっそく使ってみよう!時間のところを長押しすることで変更できますよ。

起床時刻を指定する方法

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

この機能が一番使うかと思います。何時に起きたいかという時間をセットすると、その指定した時刻から30分前の間で睡眠が浅くなった時にアラームが鳴るというものです。これが、目覚めやすい時に起こしてくれるので気持ちよく起きれるのです。

まずは、アラームの設定をしましょう。自分の起きたい時刻を設定します。画像のように7:30に設定すると、7:00~7:30となります。この30分という間隔ですが設定で変更することも可能です。

「設定」→「アラームタイプ」→「アラームサイクル」から「10分」「15分」「20分」「30分」を選べます。たとえ、浅い睡眠時間が無くても設定した時刻にはアラームが鳴りますのでご安心を。

睡眠時間を指定する方法

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

これは、起きる時間ではなくて寝たい時間を指定する機能です。寝たい時間を選ぶので睡眠が浅くなった時に起こすという機能はなく記録はされるみたいです。

アラームなしにする方法

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

アラームをセットしないで永遠に寝ることもできます。僕も時間を気にせず寝れるだけ寝てみたいです。この場合は睡眠時間のみ記録されます。

測定スタート

STARTボタンを押すことで測定が始まります。

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

スリープボタンあるいはホームボタンを押してアプリを閉じてから、枕やベッドの上に端末を置きましょう。端末の向きはどちらでも大丈夫です。翌朝、アラームが鳴ったら画面のSTOPと表示されている所を右にスライドさせてアラームを停止させましょう。予備スヌーズをオンにしている場合は、停止してからの体動が感じられなかった場合に、もう一度アラームが鳴ります。

測定結果

質の良い睡眠ができる Sleep Meister (スリープマイスター) 睡眠サイクルアラームアプリ

試に使用してみました。「覚醒」というのは目覚めているということです。なんか深い眠りが無くて浅い眠りが多いです。あまり寝れてないのでしょうか?おじいちゃんなので、4時くらいにトイレに起きましたが覚醒判定はされてないですね。設定がよくなかったのかな?

この結果がいいのか悪いのかよくわかりませんが、初めてなのでアラームの止め方に焦ってしまって目覚め的にはいい感じはなかったです。慣れでしょうかね。計っているという焦りもあったのかもしれません。

測定がうまくいかない時

このアプリは、身体の揺れ(体動)で眠りの深さや入眠時刻等を計測しているそうです。なので振動が伝わらない、机などにスマホを置くと正しく計測できないみたいです。寝返りなどがあるとアプリが体動を感じ眠りが浅いと判断しています。このセンサー感度も設定から9段階から細かく変更できますので、測定がうまくいかない時はこちらも変更してみましょう。

その他の機能

無料なのに他にもいろんな機能がついています。

  • 自動ツイート(計測開始、入眠、計測停止を自動ツイート)
  • 寝言(物音)の録音(睡眠中の寝言や物音を録音します)
  • 音楽プレイヤー(睡眠サイクル計測中に入眠が確定した時点で音楽の再生を停止します)

まとめ

気持ちよく起きられるのかもしれませんが、正直なところ2度寝、3度寝してしまいそうです。季節のせいか布団から出られる勇気がありません・・・。念のため、目覚まし時計は別で用意しておいた方がいいかもしれません。でも、無料でこれだけの機能が使えるのはとてもいいアプリだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする