姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (O脚編)

姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (O脚)

足の隙間が気になる。あの人姿勢が素敵と言われたい!

女性に悩みの多い「O脚」そして、女性の歩いている姿を見ていると意外と、がに股で歩いている人って多いんですよね。僕としては女性にはもうちょっと綺麗に歩いていただいたいというのもあり、今回はO脚にスポットを当てたいと思います。

関係ないのですが、僕は最初「がり股」と思ってました。「がに股(蟹股)」というのが本当っぽいのですが地域によっては違うみたいなので、結果、どっちでもいいみたいです。

なんじゃそりゃということで、前回の「姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (猫背編)」に書かせていただきましたが、日本人は骨盤の前傾角度が小さく、後傾角度が大きい人が多いんです。股関節の構造で、大腿骨は外へ向いてしまうためO脚になってしまう原因です。大腿骨は外側へ向くと当然、膝はそれより外側にきます。するとお尻の横にある中臀筋という筋肉が緊張状態になり硬くなってしまいます。今回はその筋肉を柔らかくしていこうという作戦です。

まずはO脚になっているかチェック!

足を前に伸ばして座ります。左右の足を揃えて、膝の内側に指が何本入るかをチェックしましょう。2本以下なら正常。3本以上入ったらO脚が確定ということです。

中臀筋のストレッチ

足は前後に出して歩くので横向きに動く筋肉を使うことがないですよね。その中臀筋というお尻の横にある筋肉を伸ばします。ヒップアップも期待できますよ!

中臀筋のストレッチ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (O脚)

  1. 片側の膝を立てて座る。
  2. 伸ばした側の足の外へできるだけ遠く、膝を立てた足を置く。
  3. 立てた足と逆側の肘を、立てた膝へ当てる。
  4. 内側へ倒そうと肘を引っ張りながら力を入れる。

ハムと腹直筋のストレッチ

お腹とお尻の筋肉を柔らかくします。ちょっと地味ですが、お尻から足に繋がる筋肉を使うストレッチで効果ありです。

ハムと腹直筋のストレッチ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (O脚)

  1. 足を揃えて立つ。
  2. 骨盤の端に親指を乗せるように腰に手を置く。
  3. お尻を後ろに引き、親指で骨盤を前に押す感じでキープする
  4. 膝が外に開かないように注意しましょう。

深層外旋六筋のストレッチ

中臀筋のストレッチに似ていますが、さらに足を倒していきます。やってもらうとわかると思いますが、筋肉がカチカチになっていると倒れません。徐々に柔らかくしていきましょう。

深層外旋六筋のストレッチ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (O脚)

  1. 肩幅より広めに足を開き、膝を立てて座ります。
  2. 上体を後方へ倒し、手で支える。
  3. 片側の足を内側へ倒してキープ。
  4. 反対側の足も同じように行う。
  5. 足を倒した時、もう片方の足が動かないように注意しましょう。

まとめ

街中で歩いてると女性の足元に目がいってしまいますよね。若い頃は胸にしか興味なかったのですが、歳をとるとお尻や足に目がいってしまいます。変な話ではないのですが、これは僕だけではないと思います。世の男どもは少なくとも足は見ているのです。女性の方も見られているという意識を持つのはいいことです。歩き方などちょっと気にするだけでもだいぶ変わってきますのでO脚を意識して歩いてみてはいかがでしょうか?慣れない歩き方で歩きにくいと思いますが、使わない筋肉を使うため足が疲れると思います。それだけいつも適当な歩き方になっているという事に気付くでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする