姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (左右の歪み編)

姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (左右の歪み編)

左右の歪みの原因は?

体に起きる歪みは一概にも言えません。女性に多いのが、片側の肩にバックを掛けていたり、イスに座った時に足を組んだり。いつものくせでいつも同じ片側に重心をとってしまうんですよね。これでバランスが簡単に崩れてしまい体が歪んでしまいます。

レントゲン撮られたことはありますか?僕は前にレントゲンを撮る機会がありまして、それをよく見てみると背骨が左右へS時にめっちゃ曲がってました。たぶん、イスに座っている時に座り方が浅く、背もたれにもたれるようになっているので背骨が曲がって猫背になってしまっていると思われます。

車で通勤してる時なんかは、片腕は肘かけに付けて、片手で運転してとやってると自分でも斜めになっているのがわかります。体内なんか覗く事ができませんし、気付かないうちに曲がってしまうと元に戻すのはとても大変です。

まずは歪んでいるかチェック!

足を腰幅に開いて立ちます。上体を真横に左右へ倒します。どちらかが倒れにくかったり、違和感があって体をひねってしまうような動作になってしまったら歪んでいるということになります。このチェックで、倒れにくかった方ではなくその反対側をストレッチしていきます。なぜ反対側なのかというと、筋肉が短く硬くなっているから、それに引っ張られることで倒れにくくなっているからなのです。

腰方形筋のストレッチ

腰をひねる感じで、お尻の横側が引っ張られて骨盤に効いている感じです。

腰方形筋のストレッチ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (左右の歪み編)

  1. 先程行った、歪みチェックで倒れにくかった方とは逆の方だけ行います。
  2. 片側の足を伸ばし、もう一方の膝を立てて伸ばした足の外側へ足を置きます。
  3. 手は立てた足の膝に、もう片方は腕を伸ばし、膝を支点として肩を入れるように体を真横に起こしてキープします。

スライドランジ

地味な動きですが、左右の動きでバランスを見て差をなくしていきましょう。

スライドランジ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (左右の歪み編)

  1. すこし膝を曲げて立ちます。
  2. 左右の足を交互に横へ滑らします。倒れにくい側はお尻が横に出ることが多いようです。
  3. 背骨はまっすぐにして、お尻が出ないように注意。
  4. 左右の形が同じになるように鏡を見て左右10回程度行いましょう。

脊柱起立筋のストレッチ

背中が伸びて気持ちがいいです。イスで出来るので仕事の合間にでもできますね。

脊柱起立筋のストレッチ姿勢のトラブルを解消せよ!歪み改善ストレッチ (左右の歪み編)

  1. 歪みチェックで倒れにくかった方とは逆の方だけ行います。
  2. 足を大きく開いてイスに座る。爪先は外に向けます。
  3. 手を頭の後ろで組み、肘を開き胸を張ります。
  4. 上体を真横に倒し肘を閉じて斜め前方に上体を丸めてキープします。

まとめ

最初に書いてましたが、肩掛けバックは特に歪みやすくなります。斜め掛けにバックを掛けるか、リュックなどバランスが左右均等になるようにしましょう。
日常生活で利き腕で何かと荷物を持ってしまうことが多くなりますが、スーパーの袋を持ったりするときは左右の腕で持ったりして、バランスを意識するようにすると改善していきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする