胸が小さいとコンプレックスを持っている人はヨガでバストアップ!

胸が小さいとコンプレックスを持っている人はヨガでバストアップ!

ヨガでバストアップになるの?

女性の胸は、大胸筋という筋肉の上にある、乳腺で覆われた脂肪です。したがって、ヨガをすることによって大胸筋が鍛えられ、その上にある脂肪を自然と支える土台が出来るということです。筋肉は使わなくなったり、高齢になると、だんだん固くなってきて、血流が悪い状態となってしまいますので、バストに悪影響がでてきます。大胸筋を鍛えると、周囲の血管の流れが活発になり、バストへの栄養が多く送られるようになります。バストアップと形もよくなる効果があります。バストに必要な栄養や女性ホルモンを届きやすくしましょう。

姿勢を良くするだけでもバストアップ

デスクワークなどで猫背になりやすい現代は、バストトップが下がり下向に形が悪くなりがちです。姿勢をよくすることはバストアップにとても必要で、常に意識する事が大事になります。意識していても、すぐ猫背に戻ってしまう場合でも、ヨガを続けていると背筋が伸びる気持ちいい位置が分かるようになってきます。普通の生活を送っていても自然にバストを綺麗に見せれるようになるでしょう。

コブラのポーズ

背面の筋肉を鍛え、背中のラインを美しく整えます。胸が開くため、バストアップに効果的です。

コブラのポーズ胸が小さいとコンプレックスを持っている人はヨガでバストアップ!

  1. うつ伏せに寝る。
  2. 両手で上半身を押し上げる

鳩のポーズ

ヨガでよく見られるこのポーズは一番美しいですが、他と比べると難しいポーズです。ですが、それゆえに効果の高いポーズでバストアップだけではなく、骨盤矯正、冷え性改善などさまざまな効果があります。

鳩のポーズ胸が小さいとコンプレックスを持っている人はヨガでバストアップ!

  1. 左膝を外に出し、足を内に入れ、右脚を後方へ伸ばします。
  2. 右膝を曲げ、つま先を天井へ向けます。右足の甲を右肘で抱えて上体に近づけていきます。
  3. 左腕を上へと伸ばし、肘を曲げて、脇を伸ばしましょう。
  4. この動作を左右行います。

ラクダのポーズ

お腹や腰を引き締め、胸を突きだすポーズですので、バストアップ効果が高くなりますが、反り返りますので、腰や首に負担がかかりますので注意して行いましょう。

ラクダのポーズヨガで肩こり解消

  1. 足を腰の幅に開き立ちひざになります。
  2. 手を腰にあて、体を後ろに段々と反らせていきます。
  3. 片手でかかとをつかみます。
  4. 左右それぞれのかかとをつかみます。
  5. 首は力を抜いて後ろへ垂らします。

まとめ

ヨガは新陳代謝や姿勢を良くしたりすることに注目されることが多いですが、姿勢を良くしたり血行を良くすることでバストアップにも繋がります。胸が大きくなるイメージをしながら自信をもって、より一層素敵な女を目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする