初心者の方向け、ヨガを始める前にデメリットもあることを知っておきましょう!

初心者の方向け、ヨガを始める前にデメリットもあることを知っておきましょう!

ヨガもデメリットがある?

ネットや本など見てると、ヨガもいい事ばかりが書かれていますよね。その通り!ヨガはデメリットがほとんどありません。しかし、間違ったやり方をしているとデメリットに繋がりますので注意して行うことが必要です。

初心者の方が気を付ける事

いきなりやってもうまくいくわけありません。何事も慣れるまでが大変なのですが、やはり最初が大切になってきます。「下積み」「基本の練習」僕の嫌いな言葉ですが、最初のうちにうまくやっていけばデメリットは無くなり、長く続けていけるようになります。また、インストラクターの指示を受けない場合は注意が必要です。

自宅で行う時

お金がないから通えない、近くにヨガ教室がない、男だから通うのが恥ずかしい・・・、通わなくてもヨガマットさえあれば家で出来るじゃん!という方は特に気を付けていただきたいのです。確かに、場所があれば簡単に自宅で行うことができます。ただ、インストラクターがいないのに自己流でやってしまうと、効果が薄い、全然体調が良くならない。最悪、体を壊してしまうということになりかねません。そういうことになる前に、自宅で行う時はDVDを買う事をオススメしております。DVDを買えという回し者ではないのですが、やはり動的になりますので本より動きがわかりやすいDVDがイイかと思います。

呼吸法

結構忘れがちになってしまうのですが、大事なのは呼吸法になります。鼻から吸って、鼻から吐くという動作がヨガでは必要になりますが、最初はポーズをとることに専念して後から、呼吸法を加えてみましょう。また、呼吸法は普段の生活をしながら行えるので、疲れた時、イライラした時は鼻から吸って、鼻から吐くという事をやってみましょう。気持ちが楽になると思います。

無理なポーズ

やっぱり、体を動かしていると効果をすぐ感じたくなり難易度の高い姿勢や、無理な姿勢をやりたくなってしまいます。気持ちはすごくわかるのですが初心者がやってしまうと、ポーズを取るのに気がいってしまい大切な呼吸方を忘れてしまったり、バランスを崩して倒れてケガをする場合もあります。しっかりと自分の出来る範囲を知ることも大切になります。

ヨガ教室の選び方

初心者に対してインストラクターは出来る範囲がわかっていると思いますが、自分でしかわからない無理な体勢などあった場合は無理せずに出来ないと言いましょう。無理やりやっても体を痛めてしまいます。実際、親戚の人でヨガ教室に通って1回目で助骨が折れたということもありますので注意してくださいね。

まとめ

結論は、教室に通った方がいい。という風になってしまうのですが、時間もお金もないセレブではない僕みたいな人には厳しいですよね。ヨガの心臓部ともいえる呼吸法をするだけでもかなりの効果が得られますし、仕事や家事の合間にも試してみるのもお手軽でいいと思います。こちらに「0円!呼吸だけで内蔵脂肪を燃焼させる!」という記事も書いてますのでお試しくださいね。最近は、本にDVDが付いていたりしますし、そんなに高い値段で売っていないので試してみて、物足りなくなったらヨガ教室に通う感じでいいかと思いますね。深く悩まず一度チャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする