厚みも素材も違う!?どれを選べばいいの?初心者向けヨガマットの選び方

初心者向け自分にあったヨガマットの選び方

自分にあったヨガマットを探しましょう!

ヨガを始めるのにまずはヨガマットが必要ですよね!しかし、ヨガマットは種類が豊富なためどれを選べばいいか迷う。でも、種類が豊富な理由は、様々なヨガやシーンで使い分けて、快適にヨガを行うためなので、上手な選び方さえわかれば初心者でも効率よくヨガを楽しむことができます。合わないヨガマットよりも数倍快適にヨガを楽しむ事ができます。では、そんな自分にぴったりのヨガマットに出会うための、上手な選び方とはどんな方法でしょうか?あなたが実践しようとしているヨガの種類に合わせて、ヨガマットの厚みとサイズと素材から、初心者向けの選び方を紹介していきますので、これからヨガを始めようという人は自分にあったヨガマットを選んでくださいね!

初心者でもヨガマットは絶対に必要なの?

時や場所を選ばず行えるのがヨガの良いところです。ヨガマットがなければヨガはできない、というわけではありませんので絶対に必要なものではありません。ですが、ヨガのポーズにとっては、床と手足が滑ってしまいポーズが取りにくくなったり、座ったり寝転ぶポーズは床に骨が当たって痛くて体制を維持できなかったりします。ヨガマットがあれば、得られるヨガの効果は何倍にもなり、ポーズも力強くなり、体に負担をかけず効果を得られるようになりますので、初心者であっても自分にあったヨガマットを選び、うまく活用していくことが重要となります。またヨガマットはヨガを続けるためのヤル気スイッチにもなります!

ヨガマットの厚さ

マットの厚さは3mm~10mm程度のものが多いと思います。折りたたんで持ち運びが出来るものから、どっしりと身体をグリップさせるために、10mm以上の厚さのものもありますが、初心者の場合は6mmくらいがちょうどいいと思います。

ヨガマットに使われる素材として7種類ほど素材がありますが、初心者の場合はそこまで重要視しなくていいと思います。

  • PVC(ポリ塩化ビニール素材)
  • PER(ポリマー環境樹脂素材)
  • TPE(熱可塑性エストラマー素材)
  • EVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー素材)

こちらが初心者向けになりますが、ほぼPVC素材が選ばれています。しかしPVC素材は洗うことが出きませんのである程度使用すると、別の素材に買い換えていきますが、別の素材に買い換える頃はずいぶん上達しています。他のデザインや、素材でグリップ力の違いもわかってくるので、最初は一番安く扱いやすいPVC素材のマットで構わないと思います。

ヨガマットのグリップ力

ある程度ヨガを続けていると、ヨガマットとのグリップ力が気になるようになります。ちょっとしたところで足や手が滑ってしまったりすると、自分の筋力やバランスのせいもありますが、マットが悪い!と思うようになれば、しっかりしたマットへの買い替え時期です。ヨガマットは長さ・厚さ・素材・グリップ力・長さ・重さと、気にするとキリがありませんが、初級から中級に変わる頃にPER素材かTPE素材に変えるがいいと思います。

何を言われようと好きなデザインから始めたい!

ヨガマットを選んでいると、やっぱり単色ではなく、お洒落なデザインやカラフルなマットに目がいってしまいます。ヨガのヤル気を起こすためにも、自分が好きなマットをお選びいただいた方が、継続することができますので、なかなか自分にあったヨガマットが見つからない場合は、少しお値段が高くても素材のいい物を選びましょう!

忘れがちなヨガマットケース

使用後の片付けや、ヨガスタジオでレッスンを受けたり、家の外へ持ち出してヨガを楽しみたいという人は、ヨガマットと合わせて選んでおきたいのがマットケース。自分の選んだヨガマットに合わせたサイズにしなければマットケースに入らないため、マットケース選びも忘れずしっかり覚えておきましょう。ヨガマットと同じで素材などいろんな種類があるのでお好みで選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする