ヨガでリラックスして、うつ病を改善しましょう

ヨガでリラックスして、うつ病を改善しましょう

ヨガはうつ病に効果があるの?

ヨガと言うと、体を鍛える肉体的なイメージがあります。体幹などダイエットに繋がるため、体への効果はあるのですが、うつ病をはじめとする精神面への効果も大きく関係しています。厚生労働省は2013年7月、精神疾患を、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病と並ぶ「5大疾病」としました。それだけ過度にストレスが多い社会でもあり、またコントロールが出来なくなっている人が増えているのかもしれません。一見関係がないようなヨガとうつですが、改善したという声も聞かれるようになり、ヨガはうつに有効な手段として考えられています。

ヨガがうつ病を改善する理由

精神に効果があるとされている理由には、緊張を和らげる効果があることが挙げられます。うつの状態にある人は、交感神経が常に活性化していることが指摘されていますので、ヨガをすることにより、副交感神経を優位にさせてリラックスする必要になります。また、姿勢と精神状態には深い関係があり精神に障害を持つ方には、姿勢が良くない方が多いという事実があります。ヨガをすることにより、ゆがみと体幹も鍛えられ姿勢が正常化されます。

ヨガの呼吸法で感情をコントロール

深く呼吸をするヨガをすることで、ストレスや、感情を自分でコントロールすることがある程度できるようになります。ヨガで行う腹式呼吸は、セロトニンの分泌を活発にする効果があります。セロトニンの分泌が行われると、ぐっすりと眠れるようになったり、免疫力がアップしたりさまざまな効果が期待されます。ヨガの呼吸を繰り返すことによって、体は次第いにリラックスしてきます。また、瞑想を合わせることでメンタルを強くし、うつの症状を改善へと導きます。

おすすめのヨガポーズ

いろいろなヨガのポーズがありますが、初心者の方が簡単にできるポーズのひとつです。ただ、寝転ぶだけかと思われますがうつには、精神を落ち着かせてリラックスが一番必要となります。これは「やすらぎのポーズ」とも呼ばれ、自分の呼吸をコントロールし、深いリラックス状態を感じてみましょう。

屍のポーズ

ヨガでリラックスして、うつ病を改善しましょう

  1. 仰向けになって両足を適度に開き、両方の手のひらを上に向けてください。
  2. 目を閉じて、全身を脱力してリラックスしていくのを感じながら鼻で深い呼吸を行います。
  3. しばらくそのままリラックスの状態を続けます。

まとめ

うつは現代社会において年々増え続けていますので今、なっていない方も安心はしていられません。緊張しネガティブになりやすいうつには、緊張を和らげる効果があるヨガが影響を与えると考えられています。うつ病は、自分だけがなる病気、治らないとは思わず、モヤモヤした気分を吹き飛ばすようにヨガを試してみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする