バキバキになった肩こりに悩むアナタへ!簡単にできるヨガのポーズで解消しましょう!

ヨガで肩こり解消

お家で出来るヨガで肩こりをほぐそう!

パソコンやスマホの普及で日本人の悩みで現代病ともいえる肩こり。女性が訴える体の不調の1位は、「肩こり」で男性は、「腰痛」に次ぐ、2位というデータがあります。仕事や家事で忙しいと肩こりがひどくなり、特に冬場は寒くて筋肉が固まると、もっと痛くなってしまいます。さらに、ひどくなると頭が痛くなってしまったり、吐き気まで起こってしまう場合もあります。筋肉の緊張と血行不良が起きている状態なので、肩こりがひどくなる前に、ヨガのポーズで解消しましょう。

肩こりにヨガが良い理由

ヨガをすると体がほぐれ、緊張した肩の筋肉もほぐれていきます。緊張した筋肉は血行が悪くなるので、筋肉の中に疲労物質が蓄積されやすくなっています。肩がほぐれて血行が良くなると、疲労物質が排出されて肩こりが改善されていくのです。

肩こりになりにくい筋肉になる

あまり使っていない筋肉は疲れやすく、少しの負担でも肩こりになってしまうことがあります。ヨガを継続しておこなうと筋肉が段々と鍛えられ、肩こりになりにくくなるのです。

肩こりに効くヨガのポーズ

普段、なかなか動かせない筋肉を動かせるポーズになります。柔軟性をアップさせ体がほぐれるため肩こり、腰痛の改善に繋がります。血行が改善されますので、血行促進、冷え性改善になり代謝がアップし痩せやすい身体にもなります。

猫のねじりポーズ

猫のねじりポーズヨガで肩こり解消

  1. よつんばいになる。
  2. 右手を左手の下にすべらせて、右肩を床に付けます。
  3. 右肩のつけ根、肩甲骨周りが伸び気持ちよさを感じ、安定したら、左手を天井に伸ばします。
  4. この状態で、5回呼吸を繰り返します。
  5. この動作を左右行います。

牛の顔のポーズ

牛の顔のポーズヨガで肩こり解消

  1. 足を交差させて、両足の甲を床につけるようにして座ります。膝は上下にまっすぐと重ねて、両足のかかと部分をお尻に近づけるようにします。
  2. 背筋を伸ばして、左手を上げながら肘を曲げます。
  3. 右手を下方から背中の方へ回し、左手を握りましょう。後ろで手を繋げない場合は無理をせず、タオルを使って補助をするようにしてください。
  4. この動作を左右行います。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズヨガで肩こり解消

  1. 足を腰の幅に開き立ちひざになります。
  2. 手を腰にあて、体を後ろに段々と反らせていきます。
  3. 片手でかかとをつかみます。
  4. 左右それぞれのかかとをつかみます。
  5. 首は力を抜いて後ろへ垂らします。

まとめ

肩こりはとても辛いですが、辛くなる前に少しでも血行を良くするヨガを試してみましょう。体を動かすことで肩こりを解消してするヨガは、継続して続けることで、体がほぐれ血行も良くなるので、肩こりしにくい体質に変化していきます。初めての方は無理せずゆっくりと行い、健康増進のためにも習慣にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする