腰痛の3大原因を知って対処していこう! 椎間板編

腰痛の3大原因を知って対処していこう! 椎間板編

負担がかかりやすい椎間板

ほんと、腰痛はとても辛いですよね。僕も原因がわかりませんが、寝てる時も、立ってる時も常に痛くてまっしな体勢がありません。この記事で腰痛になるメカニズムを知って少しでも楽になる方法が見つかればと思います。

椎間板は椎骨と椎骨の間にあって、髄核の周りを線椎論が包まれている構造になっています。前傾姿勢になったり、体を動かすと椎骨が動く機会が非常に多いです。
神経の束が脊注管も通る大事な骨でそこを椎間板が守っているのですが大きな圧力がかかってしまうと、髄核の周りにある線椎論が破れ、外側の血管と神経が椎間板の中に入り込み、神経が椎間板にかかる負担を察知して痛みの信号を出してしまうんです。

腰痛の原因で一番多い椎間板

タイトルで腰痛の3大原因と書いていますが、その3大原因で40%を占めているのが椎間板なのです。先程、書かせてもらいましたが、椎骨と椎骨の間にゼラチン状のコラーゲンを含んだ線椎論に包まれた中に髄核が入っているものが椎間板です。常に椎骨が動くためその椎間板がクッションの役割となって衝撃から守っています。その椎間板も加齢や、普段から圧力がかかる姿勢をとっていたりすると、次第に、線椎論が耐えられず徐々に破れていく。それがひどくなっていくと、線椎論に外から血管が破れを修復しようとしますが、一緒に神経も入ってきてしまうためこれが痛みの原因。血管が線椎論を直そうとしている時に、負荷がかかってしまったりすると修復してると痛みで警告してきます。神経もまだ、中に入ったままだし、治ってもまだ破れやすい状態でもあり、警告が常に発する状態で負の連鎖がずっと続いてしまっているということになります。

さらに、このひどい状態が続いてしまうと最悪の場合、線椎論の中にあった髄核が外に飛び出してしまうことがあります。これが良く聞くことがある「椎間板ヘルニア」です。ここまでなると重症です。普段の生活で、背中が丸まっていたり骨盤がゆがんでいたり。いずれかの姿勢が習慣になってしまうと本来の背骨のカーブが描けず、負荷がかかりやすくなり、椎間板への負担が増えてしまいます。

エクササイズで対策

椎骨を動きをつかさどる多裂筋や、骨盤の位置を安定させる腹横筋、骨盤を動かす太ももの筋肉、骨盤と股関節を繋ぐ腸腰筋の筋肉を強くし、元の位置に戻すエクササイズを試してみましょう。

骨盤前傾もも裏ストレッチ

骨盤前傾もも裏ストレッチ腰痛の3大原因を知って対処していこう! 椎間板編

  1. 床に両足を伸ばして座ります。
  2. 背筋を伸ばして、両腕を床と平行になるようにまっすぐ伸ばします。
  3. 腕を床と平行にしたまま、状態をゆっくり前へ倒しキープ
  4. 太ももの筋肉が伸び、骨盤が前傾になっているのを感じましょう。
四つんばいストレッチ

四つんばいストレッチ腰痛の3大原因を知って対処していこう! 椎間板編

  1. 四つんばいになった状態で背筋を伸ばしておきます。
  2. 右腕を床と平行になるように前に伸ばしてキープ
  3. 対角線上にある左足を床から平行になるようにまっすぐ伸ばしてキープ
  4. 腹横筋と多裂筋が効いているのを感じましょう。
  5. 同じように反対側も同様に行います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする